バイクのある生活 リターンズ

XLR250Rを降りてから20年。40半ばにして、ライダー復活を果たした中年男のブログである。

「現車確認 WR編」

程度が良いXR250とWR250Rが競合することを知った私は、改めてWR250Rの情報を深く調べてみました。

 

・・・なるほど。

 

初代R1発売のニュースを見て、ヤマハ経営陣にこれを発売する勇気があったんだと感心しました。WR250Rを市場に出す英断は、R1のそれと同じだったのかもしれませんね。

初代YZF-R1(1998年モデル)

時期的に、こんなロードバイクを販売しても売れないんじゃね?って思ってた。

 

発売から10年近く経っても十分通用するWR250Rの基礎ポテンシャルの高い設計。技術者の底力を感じます。逆に10年間WR250Rを超えるOFF車を出せないヤマハ以外のメーカーってどうなの?

 

ヤマハには超名車「セロー」が存在し、今なお「ツーリング」や「トレッキング+バイク」の地位を確立しています。ヤマハ党でWR250Rをツーリングメインで使っている人は少ないかな。程度の良い中古車をを探すのは困難を極めるだろう。WRにするなら長期戦を覚悟せねば。

 

現住所は東京都大田区

近隣県(神奈川・千葉・埼玉)へのアクセスは悪くはないが近くもないって微妙な地域です。

頑張って現車確認しに行きますよ!

 

WR250Rって空冷と違って部品点数多いし、ゴチャゴチャしてるけど、ぎゅっと詰まってる(マス化というのかな?)なぁっていうのが第一印象でした。

 

1車目


<プラスポイント>
・FR共にサスのヘタリ無し
・白外装(個人的にはヤマハと言えば白なもんで)
・価格が安い

 

<マイナスポイント>
・アンダーフレームに軽くヒットした跡有り
・外装小ダメージ有り(ONで転けたような跡)
・三又付近、Fフォークに点錆有り
・Fフォーク(アウター)内側に小さな削れ有り(転けて外側が削れたのでフォーク回した?)

 

<総評>
値段の割に程度が良かった。ハードOFFもレースも使用感ゼロっぽかった(林道ツーリングがメイン?)。保管状態は普通だったが、新車で70万円もする車両ってことを考えれば、もう少し手をかけてあげてもよかったんじゃない?って感じの保管状態です。
程度良好のXRと殆ど変わらない値段で現行最強のOFF車をゲットできることを考えれば「アリ」な物件だと思う。

 

 

2車目

こちらもホワイトカラーがベースで走行距離が少ない物件

<プラスポイント>
・白外装

 

<マイナスポイント>
・色々沢山

 

<総評>
結論から言うと「買ってはいけない車両」である。
Rスイングアーム、アンダーフレーム、前後リムに無数のガリガリ傷。ハードなガレ場アタックを何回も繰り返した個体(MXやEDコースでは、あの傷は付かない)なのでしょう。
機関確認で外していたバッテリーを繋ぐため、店員さんがシートを外した際にシートレールが錆だらけだったことも付け加えておきます。RサスもヘタっていてOH必須です。車体価格は1車目と殆ど同じでしたが、20万円以上の程度差を感じました。

 

こういう個体があるので、中古でバイクを買う時には現車を必ず確認するようにしましょう!