バイクのある生活 リターンズ

XLR250Rを降りてから20年。40半ばにして、ライダー復活を果たした中年男のブログである。

「中年男 伊豆ソロツーリングしてきた(後編)」の巻

腹ごしらえを終え、目的地「太郎杉」は目と鼻の先です。

 

帰宅後、アクションカムで撮影した動画を確認しました。

木々が生い茂る隙間から夏空と日差しがのぞく街道を、WRで駆け抜けている綺麗な動画の撮影も出来ていました!

 

数分で滑沢渓谷に到着し、「太郎杉」を目指します。国道から1.7kmで目的地ですが、その工程の半分くらいは舗装道路、残り半分くらいがダートというより砂利道でした。

普通に徒歩で「太郎杉」を目指して歩いているハイカーさんがいますので、砂煙を上げながら爆走するわけにもいかず、トコトコ登っていきました。

 

<「太郎杉」到着の画>

 

パワースポットで、中年男もWRもパワー充填です!

 

 

次の目的地を「旧道天城トンネル」に設定。

「太郎杉」から大して離れていません。

旧道もダートという情報でしたが、「太郎杉」までの道のりを考えればショボいかもなぁと思いつつ旧道へ進入。

 

砂利道っぽい箇所も多かったですが、なかなか入門者にお勧めのダート区間でしたよ!

ただ、こちらもハイカーや乗用車で旧道天城トンネルを目指す方もいらっしゃるので、ハイペースでの爆走はライダーの評判を下げるだけなので止めておいた方がよいと思います。

 

<「旧天城トンネル」到着の画>

 

天城峠を越えて下りも走りやすいダートが続きます。

浮き砂利も所々あるので、フロントから持っていかれないように注意すれば入門者でも森林浴をしながら走行を楽しめるはずです。

 

旧道で天城越えを終えたところで14時30分を過ぎたので撤収です。

来た道をリバースする形で無事トラブルなく帰ってこれました。

 

今回のツーリングは、伊豆半島のごく一部しか訪れていません。

ピストンですが無数の林道もあるみたいなので、今後も自然豊かな伊豆へ愛車WR250Rと共に訪れたいと思います!