バイクのある生活 リターンズ

XLR250Rを降りてから20年。40半ばにして、ライダー復活を果たした中年男のブログである。

「中年男 WRシートに衝撃吸収材を埋め込む(完結編)」の巻

思わぬ落とし穴で順延していたシート張り。

 

Amazonで急遽取り寄せたタッカーとステープラーがコチラ

 

期待通りの性能を発揮してくれるのか?

食事を摂ってから、連日深夜までの作業です。

 

 

 

期待通りでした!

 

 

両サイドを留めていく作業で、シートレールと接触する部分がタッカーの邪魔になって垂直に当てにくく、少し難攻しました。深い場所に打ち込むのは無理なので、浅い場所にステープラーを多めに打ちました。足長6mmのステープラーなので、内側から外側に向けて打ち込んでも大丈夫です。

<参考:作業前シート裏の状態>

 

 

 

 

<作業後>

<作業前>


座面は殆ど段差が判らないように仕上げることができましたが、両サイドとも埋め込み素材の段差が判ってしまいますね。ビジュアル的には100点満点で50点かな・・・(泣)

まぁ、バイク人生で初めて作業をした割にはまともに仕上がった方かな!

 

 

バイクに取り付ける前に座った感触は・・・

 

初期沈み込み時の感覚は「ウレタンより固い」

沈み込み後の感覚は「底つき感がウレタンより少ない」  です。

 

実走での振動や加減速が「お尻」に与える影響を測定するためには、長時間バイクを運転してみないと判りません。近々、MotoVlog用動画素材の撮影も兼ねて試験走行し、一連の対策が「尻痛」に効果が有ったのか無かったのかを確認してきます!