読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バイクのある生活 リターンズ

XLR250Rを降りてから20年。40半ばにして、ライダー復活を果たした中年男のブログである。

「中年男 WR250R⇔X互換仕様を作る(組み付け編)」

最初にモタードホイールを組み付けた際、試行錯誤や確認作業に追われて写真を撮るのを忘れてました!3回目ともなると作業にも慣れてきましたので、写真を撮りながら交換も余裕です!

 

 

f:id:masatani1969:20170417093751j:plain

何はともあれ、ジャッキアップします。フロントとリアのアクスル固定ナットを緩めてからジャッキアップ(自分用備忘録)ですよ!

パンタジャッキ自体が15kgと重く、引っ張り出してくるのに一苦労 q( ˘•ω•˘ )p

半分くらいの重さのクイックスタンドにすりゃよかったなぁ~と毎度後悔してます。

 

 

リアホイール交換


1.チェーンのガードを取っ払います。

f:id:masatani1969:20170417093755j:plain

2.アクスル固定ナットを外してアクスルシャフトを抜き、ホイールを外します。

3.後輪全体を前方にスライドさせてチェーンのテンションを緩め外します。

4.外したチェーンは、ウエスを敷いてスイングアームにかけておきます。

f:id:masatani1969:20170417093752j:plain

5.ホイールのシャフト通す穴に塵やホコリが入らないよう目張りします。

6.外したシャフト、ナット、プラー、カラーを清掃します。

7.アクスルシャフトとカラーにグリスを塗布しておきます。

8.モタードホイールにカラーを付け、シャフトを通してアームに組み付けます。

9.アクスルシャフトの固定ナットを仮締めます。

10.チェーンを引いてチェーンの張り具合を調整します。

f:id:masatani1969:20170417093754j:plain

超 簡 単 !! 

※モタード仕様の時だけプラーを社外のプラー兼スライダーのものに変更しています。

 

WR250X純正タイヤサイズ(140/70R17)の場合、リアブレーキキャリパーをスイングアームの溝にはめたままホイールの組み付けがギリギリ可能です。

f:id:masatani1969:20170417093753j:plain

※140よりワイドタイヤを装着した場合、スイングアーム右上面にリアブレーキホースを固定するためクランプを外し、リアブレーキキャリパーをスイングアームの溝から後ろ側に抜いてスイングアーム外側に出します。

 タイヤの横幅が一番広い箇所をキャリパーより奥に入れてからキャリパーをスイングアーム溝にはめて組み付ける手順となります。

 
カラーはWR250RとWR250X共通部品ですが、左右でカラーの長さが異なります。

取り外した時に左右どちらか判らなくなることもあるので、リアはカラーの長さが長い方が左と覚えましょう!

部品番号と値段は、右/3DS-2531S-00 ¥2,300-、左/3DS-2530S-00 ¥2,452- と長い方が若干お高いのです(´-`*)

 

 

フロントホイール交換

 

1.左フォークガードに付いてブレーキホースクランプを外します。

2.フォークガードを取っ払います。

f:id:masatani1969:20170417093757j:plain

3.フォーク終端部のシャフト押さえネジ(左右それぞれ2箇所)を緩めます。

4.固定ナットを外してシャフトを抜き、ホイールを外します。

f:id:masatani1969:20170417093750j:plain

5.ホイールのシャフト通す穴に塵やホコリが入らないよう目張りします。

6.外したシャフト、ナット、カラーを清掃します。

7.シャフトとカラーにグリスを塗布しておきます。

8.キャリーパーを外します。

9.キャリパーサポート(キャリパー自体は取り付けない)を取り付けます。

 ※要ネジロック剤

f:id:masatani1969:20170417093756j:plain

10.モタードホイールにカラーを付け、シャフトを通してフォークに組み付けます。

11.シャフト押さえネジ(左右それぞれ2箇所)を締め、シャフトナットを仮締めます。

12.キャリパーサポートにキャリパーを組み付けます。

 ※要ネジロック剤

13.フォークガードを取り付けます。

14.左フォークガードにブレーキホースクランプを取り付けます。

 

カラーの部品番号と値段は、右/3D7-25186-00 ¥1,156-、左/3D7-25183-00 ¥1,242-とやはり左の方が若干お高いです。左カラーのエンドが立ち上がっていて筒状のカラーよりコストがかかっています。

 

f:id:masatani1969:20170419133802j:plain

15.ジャッキから車体を降ろしてネジを本締めしてチェーンガードを付ければ完成!

 

WR250X仕様のフロントブレーキラインは純正とは異なり、フォークガード外側を通しています。WR250Rのフォークガードを17インチホイールに対応させるためにカットしたことで、内側を通すラインだとインナーチューブと擦れる可能性があるためです。

 

ブレーキラインが外側にあると、転倒時の破損や足元の突起物に引っ掛けて破損する可能性があるため、純正では内側を通すラインで設計されているものと思われます。

 

既存の中古タイヤでモタードライディングやリーン特性を身体に覚えさせたら、ハイグリップタイヤに履き替えてサスセッティングをしていこうと思います!

「中年男 WR250R⇔X互換仕様を作る(下ごしらえ編)」

・フロント周りでやること

  1.17インチホイール入手(済)

  2.キャリパーサポート入手(購入)

  3.フォークガード一部切断(DIY

  4.ブレーキライン調整(DIY

 

・リア周りでやること

  5.17インチホイール入手(済)

  6.スプロケット交換(購入)

 

互換仕様化部品以外にも、モタード仕様の見栄えを良くするためのアイテムとして「フォークラップ」と「リムステッカー」を追加し、転倒時のリアアクスル周辺保護のためのスライダーを追加しました。

f:id:masatani1969:20170411094940j:plain

左から

「HAAN WHEELS ヤマハWR250R用WR250Xホイール取付けキャリパーサポート」

「ZERO-G ヤマハWR250R用リヤアクスルスライダー(レッド)」

「SUNSTAR リアスプロケット ジュラルミン44丁」

  

 

f:id:masatani1969:20170411094939j:plain

 

他メーカーさんでも出しているようなので、品質と価格で決めればいいと思います。複数色を織り交ぜて取り付けしている方もいるようなので、カラーリングはセンスでどうぞ!

取り付け時に損壊することは無いと思いますが、足りないことが無いように取り付けする本数と発注本数をお間違えなく!

 

 

【17インチホイールを組み付けできる状態にする】 

 

先ずはスポークラップをスポークにシコシコはめていきます。

f:id:masatani1969:20170411094938j:plain

 写真はフロントホイールですが、作業しやすいようにディスクローターを外しています。リアは作業時にスプロケットで手を怪我する可能性もあるので、外して作業することをお勧めします。

 

f:id:masatani1969:20170411094935j:plain

フロントの取り付け終了!1つのホイールで左右18本づつ。合計36本となります。

前後合わせて72本の取り付けを終える頃には指先が痛く半泣きでした(´・ω・`)

取り付け自体は難しくありませんが、他のスポークが交差している箇所へ綺麗にハメようとすると、交点を人力で広げる作業が必要なため指先がジンジンしてました。

 

最初は気付かなかったことが・・・

f:id:masatani1969:20170411094930j:plain

ホイールを引き取って来てシャンプーを使って水洗い清掃しました。その際、フロントのディスクローターの汚れが落ちなかったので、後でパーツクリーナーで綺麗にしようとしたところ

 

・・・

 

(´・ω・`) 汚れが落ちませんYo!

 

ん~ 何かの液体が乾いてこびり付いてます。塗装した感じでもないしなぁ・・・

 

 

錆取り剤だ!

 

半年ほど前、和歌山の実家に放置していたKTCツールの錆を落とす時、化学的に液剤を塗布して錆を落とすことを経験していました。もしかしたら錆止め剤かもしれませんが、こんな斑な状態では見た目がよろしくありません。

 

f:id:masatani1969:20170411094929j:plain

シコりました!これでもかってぐらい表裏をシコりましたよ!!

硬く固着している部分はワイヤーブラシを使い、被膜が薄くなっている部分は紙やすりでシャカシャカと!

 

リアスプロケットは交換して44丁の新品へ!

ダート走行を前提としていないのでステンズ(林道制歯)ではなく、普通歯のジュラルミン素材の奴です(´-`*)

 

f:id:masatani1969:20170411094926j:plain

取り外したXAMの41丁スプロケット。山は尖っていないので、まだまだ使えます。

色が地味なので、全体をヤスリがけしてメタリック系の塗料で色付けして時計の文字盤にしても面白いですね!

f:id:masatani1969:20170411152610j:plain

speedmasterのフォトギャラリー「スプロケット活用」 | カワサキ KDX125SR - みんカラ

 

 

【フォークガード一部切断】

 

本当は17インチホイールを組み付けて、干渉する部分を実測した後にカットラインを描いてから切断するのがイイと思いますが、理論値でやってみました(笑)

フロントは21インチから17インチとなっているので、車軸から半径2インチ内側にオフセットされます。1インチ25.4mmなので2インチで50.8mmカットすれば大丈夫!

f:id:masatani1969:20170411094932j:plain

 

カットした後の曲線や見え方をイメージして養生テープとマジックでカットラインを作ります。カットラインに沿って鋸を入れていけばいいのですが、今回はカットラインをドリルで穴を開けていく方法でやってみました。

 

f:id:masatani1969:20170411094934j:plain

こんな感じ。

手で少しチカラを加えれば、メリメリと分離させることができます。

 

切断面をヤスリでスリスリすれば

f:id:masatani1969:20170411094933j:plain

ホラ綺麗(*´ω`*)

干渉しないことを祈る!

 

 

【ブレーキライン調整】

 

フォークガード左側にブレーキラインを内側に曲げるクランプがあります。WR250RもXも同じ部品番号(3D7-23466-00、3D7-23467-00)で、価格は各529円です。上述した通りWR250Rのフォークガードを一部切断して17インチホイールを組み付ける予定なので、クランプ形状がそのままだとタイヤサイドウォールとブレーキラインが擦れて大参事になる可能性があります。

 

ネット情報では「クランプの内側に曲げる部分を切断すればいい」的なことを書いていましたがカットラインが全く判りません( ˘•ω•˘ )

現物合わせでどこまでカットすれば良いのかを確認してサンダーで切断しました!

f:id:masatani1969:20170411094937j:plain

 切断面はヤスリがけして滑らかにしてね!

グサグサだとブレーキホースにキズが入って大参事になりまっせ!

 

で、留めるとこんな感じです。

f:id:masatani1969:20170411094924j:plain

クランプしている場所からラインをフリーに取り回しできるようになります。

ZETA製のカッコイイ奴もありますが2500円ほどしますので、お金に余裕のある方は購入する方が早いです!

私は節約純正加工マンです(*´ω`*)

 

 

これで下ごしらえは全て完了です。

あとは組み付けすればWR250RからWR250X仕様の完成ですじゃ!

「中年男 WR250R⇔X互換仕様を作り上げる前に相違点を理解する」

RとXの大きな4つの相違点

 1.フロント、リアそれぞれのホイール径

 2.フロントブレーキディスクローター径

 3.リアスプロケット丁数

 4.フロント、リアそれぞれのスプリングレート

 ※ 仕様の詳細比較表は最下部に掲載

 

f:id:masatani1969:20170411094941j:plain

 

相違点の詳細

1.フロント、リアそれぞれのホイール径

 WR250Rフロント21インチ・リア18インチ

 WR250Xフロント・リア共に17インチ(小径化)

 

ヤフオクで落札したホイールは、純正ホイールにチューブレス加工(純正はチューブ)をしているものに中古タイヤが装着されていました。多少、リムにキズはありましたが使用上の問題はなさそうで、このままの状態でも使用できる状態になので追加出費は少ない(またはゼロ)かな。
※目立ったキズが確認できなかったとしても、ベアリング不良やホイール自体の歪みで高回転時にブレが発生する可能性あり。

 

WRはフロント倒立フォークなのでインナーチューブが下側になります。走行時に飛び石や泥からインナーチューブを保護するためにプラスチックのガードが付いています。
タイヤの断面は接地面が弧を描いており、タイヤの横幅が一番広い部分に接触しないようガードに切れ込みが入っています。

WR250RとXではホイール径が異なるため、タイヤの横幅が一番広い部分も異なります。そのため、WR250RとXではフォークガードの形状も微妙に異なっており、WR250R用のフォークガードを一部切断する必要があります。

また、ブレーキラインもWR250Xの17インチホイールに対応するため、Rより車軸側を通すようなラインに変更されています。ここは作業しながらクリアランス状況をみて調整していくつもりです。

 


2.フロントブレーキディスクローター径

 WR250R ディスク250φ

 WR250X ディスク298φ(大径化)


ローターを大径化するとストッピングパワーを得ると同時にコントロールのしやすさを実現できます。公道における法定速度と路面状況やタイヤの性能を考えれば、ここまで大径化する必要性を感じませんが、WRというバイクはハイレベルな性能条件を満たすことが命題とされているバイクなので徹底していますね(笑)

ローター径のギャップを考慮したWR250RとXの互換をしやすくするため、現実的な方法2つあります。

 a)純正キャリーパーステーに部材を継ぎ足してブレーキパッドでディスクを挟む部分を外径側にオフセットする方法

 b)WR250XホイールをWR250Rのハブに交換し、ディスクローターもWR250Rに交換する方法

WR250RからXへの一方通行だけなら、フォークをまるっと交換といったダイナミックな方法も考えられますが、互換性を活かしてダートを含むか含まないかで履き替えするつもりなので、WR250Rベースに大きく手を入れるようなカスタムは考えていません。b)の方法はスポークを全部外して作業する必要がありますので今回は a)の方法にします。

 

3.リアスプロケット丁数

 WR250R 43丁

 WR250X 42丁(ロング化)

 

スプロケットだけ見ればロング(エンジン回転数が同じならより速度が上がる)ですがホイールインチ径が18インチから17インチのショート(エンジン回転数が同じならより速度が下がる)となっているので、ホイール外周のみで計算すると、R(18インチ・43丁)よりX(17インチ・42丁)の方がショートとなっています。私のような素人ライダーには体感的に判るレベルではないですがね(*´ω`*)

 

私が落札したリアホイールにはXAM製の41丁が付けられており、更にロング仕様となっていました。現在、WR250Rのスプロケットを48丁にしており、チェーンコマ数も純正108コマに対して110コマと長くなっています。互換しやすさを考えた時、都度チェーンをかけ替えるのも時間がかかりますので、110コマのチェーンのままモタードホイールを取り付けしたい場合は、スプロケットの丁数を増やす必要があります。WR250X仕様は高速道路を使ったツーリングも想定しているので、110コマでの最少丁数を計算すると43丁でもいける気がしますが、チェーンが伸びた時に引き幅が少なくなることを考えてバッファをとって44丁にします。

 

4.フロント、リアそれぞれのスプリングレート

スプリングレートの情報を集めきれなかったので不明ですが、WR250XのスプリングレートはRより高くなっているそうです。

 

WR250Rのスプリングレートがスポーツ走行下で問題となるのはブレーキング時のフロントフォークの沈み込みにあります。オンロードはオフロードより急制動のパワーをタイヤが受け止められるので、より高速域からの急制動か可能となりストッピングパワーが増えてフロントフォークが沈み込みやすくなります。これらのことを想定してメーカーはバネレートを高くしているのだと思います。


さすがに互換性は悪く、スプリングの付け替えはバラしての作業となるので時間がかかり過ぎます。WR250Rのスプリングのまま17インチホイールに付け替えた場合、オンロードでの沈み込みによりフロントが立ちやすくコーナリングに進入する際にノーマルのWR250Xより切れ込みやすくなりますが、交換作業時間のトレードオフでスプリングはWR250Rのままにします。

 

TO DO リスト

フロント周りでやること

  • 17インチホイール入手(済)
  • キャリパーサポート入手
  • フォークガード一部切断
  • ブレーキライン調整

リア周りでやること

 

 

 WR250RWR250X差分(R対比)
型式 DG15J DG15J -
排気量 249cc 249cc -
発売開始年 2007年 2007年 -
燃料消費率 34.0 km/L ( 60 km/h走行時) 34.0 km/L ( 60 km/h走行時) -
燃料タンク容量 7.6リットル 7.6リットル -
航続可能距離 258.4km(概算値) 258.4km(概算値) -
燃料供給方式 インジェクション インジェクション -
エンジンタイプ 水冷4ストローク・単気筒DOHC4バルブ 水冷4ストロークDOHC4バルブ単気筒 -
エンジン始動方式 セルフスターター セルフスターター -
最高出力 31ps(23kw)/10000rpm 31ps(23kw)/10000rpm -
最大トルク 2.4kg・m(24N・m)/8000rpm 2.4kg・m(24N・m)/8000rpm -
車体重量(乾燥重量) 123kg 125kg +2kg
車体重量(装備重量) 135(概算値)kg 137(概算値)kg +2kg
パワーウエイトレシオ 4.0kg/PS 4.0kg/PS -
全長・全高・全幅 2190mm × 1235mm × 810mm 2125mm × 1190mm × 810mm 全長-65mm/全高-45mm
シート高 895mm 870mm -25mm
フロントタイヤサイズ 80/100-21 51P 110/70R17 54H -4インチ
リアタイヤサイズ 120/80-18 62P 140/70R17 66H -1インチ
標準装着プラグ CR9EK CR9EK -
プラグ使用本数 1本 1本 -
エンジンオイル全量 1.5L 1.5L -
オイル交換時 1.3L 1.3L -
エレメント交換時 1.4L 1.4L -
フロントウインカー定格 12V 10w 12V 10w -
スプロケットサイズ ドライブ(前)13T ドライブ(前)13T -
ドリブン(後)43T ドリブン(後)42T -1T
チェーンサイズ 520 / 108リンク 520 / 108リンク -
バッテリー型式 YTZ7S YTZ7S -
ヘッドライト 12V 60w/55w 12V 60w/55w -
ライトタイプ:H4 ライトタイプ:H4 -
ヘッドライト備考 12V 60w/55w 12V 60w/55w -
リアウインカー定格 12V 10w 12V 10w -
原動機型式 G363E G363E -
ボア 77.0mm 77.0mm -
ストローク 53.6mm 53.6mm -
圧縮比 11.8:1 11.8:1 -
点火方式 T.C.I.(トランジスタ式) T.C.I.(トランジスタ式) -
エンジン潤滑方式 強制圧送ウェットサンプ 強制圧送ウェットサンプ -
フレーム形式 セミダブルクレードル セミダブルクレードル -
最小回転半径 2.3m 2.3m -
キャスター角度 27.3度 26.0度 -1.3度
トレール量 113.0mm 81.0mm -32.0mm
最低地上高 300mm 260mm -40mm
軸間距離 1425.0mm 1435.0mm +10.0mm
定員 2人 2人 -
燃料タンクリザーブ容量 2.1L 2.1L -
フロントブレーキ形式 油圧式シングルディスク 油圧式シングルディスク -
リヤブレーキ形式 油圧式シングルディスク 油圧式シングルディスク -
フロント懸架装置・サスペンションデータ テレスコピック テレスコピック -
フロントサスペンションストローク - - -
フロントフォークタイプ 倒立フォーク 倒立フォーク -
フロントフォーク径 - - -
リア懸架装置・サスペンションデータ スイングアーム スイングアーム -
リアショック本数 1本 1本 -
リアサスペンションストローク - - -
リアホイールトラベル - - -
ABS -
駆動方式 チェーン チェーン -
デファレンシャルオイル量(リットル) - - -
ヘルメット収納スペース -
ミラー取り付けネジ穴径 10mm 10mm -
燃料計 -
時計 -
ハザード -
盗難防止装置 -
テールライト備考 LED LED -
フロントウインカー球形式 G18 G18 -
クラッチ形式 湿式多板 湿式多板 -
変速機形式 リターン式 リターン式 -
ギア数 6速 6速 -
ギア比 2.642
1.812
1.318
1.040
0.888
0.785
2.642
1.812
1.318
1.040
0.888
0.785
-
一次減速比 3.12 3.12 -
二次減速比 3.308 3.231 -0.077

「中年男 2017年の1月~2月はいろいろ忙しかった(その6)」の巻

「その5」からの続き

 

1/7 房総林道
1/8 リンドゥ部Tシャツ制作
1/14 ツアークロス用シールとピンロック装着
1/15 猿ケ島ダート走行
1/21 富士山南西部林道
1/29 ツアークロス用アクションカムマウント更新
2/4 オイル交換
2/12 VFX用アクションカムマウント作成
2/19 MMC猿ケ島ミーティング参加
2/26 モタードホイール入手

 

【MMC猿ケ島ミーティング参加】
リターンライダーとなったからにはバイク乗りと繋がりたい!と思いSNSを活用することを思い立ち、しばらくネット掲示板mixiなどを活用してライダーの輪を探してました。

 

Twitterのアカウント(@masatani1969)は、かなり昔(2011年3月)に取っていましたが、全くtweetすることなく、何の目的があってアカウントを作成していたのかすら思い出せません(笑)

 

モトブロガーさんやバイクメーカー、パーツサプライヤーをフォローするところから始まり、バイク垢でオフロードを乗っている方々のtweetを見て情報収集をしていました。勿論、Twitterのルールや用語なんて知りませんよ(*´ω`*)

 

少しづつフォロー数が増えていく中で「むーろ@vn325401」さんと「スプロケ@superxr250」さんを知ることになりました。おふたりがTwitter上でやりとりしているのをファボっていると、「スプロケ」さんから「積極的につぶやいた方がいい」とアドバイスをいただいて不慣れなTwitterの世界に大きく踏み出すこととなりました。

 

「むーろ」さん「スプロケ」さんが運営の中心となったモタード・モトクロス・クラブ
(Motard Motocross Club 略してMMC)に誘っていただき、そのクラブミーティングに参加してきました。関東圏(静岡方面や新潟方面の方々もいます)ライダーが多く、年齢は40後半から20歳前後まで30名超の方々が所属しています。

f:id:masatani1969:20170407101735j:plain

f:id:masatani1969:20170407101924j:plain

 

 

 

私見ですが、オフロードバイク乗りは男女年齢関係なく「楽しめる人」が多いように思う。さすがに重症の場合は笑ってられませんが、転倒でバイクが壊れようが打撲痛だろうが笑いのネタにしてしまう人種です(笑)

 

私の勝手なイメージをオンロードとオフロードで表現すると

<オンロードの場合>
立ちごけスリップダウン → バイクに傷が!テンションダダ下がりで帰る(T_T)

<オフロードの場合>
派手に転倒 → バイク大丈夫か?身体大丈夫か? よし!大丈夫だな・・・記念写真撮るぞ~!( ^ω^ )

 

普段はTwitterやLINEでゆる~く繋がっていますが、日程調整してリアルにお会いしましょう!的な感じで神奈川県厚木市相模川河川敷のダートエリア(通称:猿ケ島)に一同集合!
日程が合わず参加できなかった方も多くいましたが、新潟からバイクをトランポに積んで参加してきた勇者もいましたね!

 

バイクで追いかけっこしたり・・・

チェーンジョイント飛ばしたり・・・

巨大水たまりに水没させたり・・・

 

f:id:masatani1969:20170407101858j:plainf:id:masatani1969:20170407101853j:plain

 

まぁ、色々ありました!

 

クラブイベントは今後も定期的にありそうですが、メンバーの方々とは随時予定を合わせて走りに行きたいと思います。

 

 

【モタードホイール入手】
オフロードだけじゃなく、ワインディングやロングツーリングにも出かけたい!

WR250Rをモタードホイールに入れ替えし、WR250X(モタード)仕様にするのも楽しいかも?ふとそんなことを思い立ち、ヤフオクで中古のホイールが出回っていないかをチェックしました。

ん~ そんなに安い値段では取り引きされていない模様。

 

Q 純正を買ったらいくらよ?

A タイヤを除く部品代だけ11万7千円です!

 

・・・コレハムリダナ(´;ω;`)

 まぁ、ヤフオクで気長に良品出物を待ってました。

 

f:id:masatani1969:20170407101736j:plain

で、落札できました(^_^;)

 

手渡し希望とのことで座間市まで取りに行ってきました(車持ってて良かった)。

f:id:masatani1969:20170407101731j:plain

ざっと確認したところ、大きな問題はなさそうです。

 

一通りWRのカスタムを終えて落ち着こうと思っていましたが、

 

WR250R⇔WR250X互換仕様へ挑戦します!

「中年男 2017年の1月〜2月はいろいろ忙しかった(その5)」の巻

「その4」からの続き

 

1/7 房総林道
1/8 リンドゥ部Tシャツ制作
1/14 ツアークロス用シールとピンロック装着
1/15 猿ケ島ダート走行
1/21 富士山南西部林道
1/29 ツアークロス用アクションカムマウント更新
2/4 オイル交換
2/12 VFX用アクションカムマウント作成
2/19 MMC猿ケ島ミーティング参加
2/26 モタードホイール入手

 

【VFX用アクションカムマウント作成】

ツアークロスで経験があるので、サクっと作っちゃいます!

VFXはツアークロスのように頬部分にインテークの穴が開いていないので、より顎に近い場所でマウントができそうです。

 

ツアークロスでやった方法では、ヘルメット側の曲面形状にプラスチック板を合わせるように作りましたが 、今回はヘルメット側には養生テープを貼り、そこにエポキシパテを盛ってみる方法にしました。

 

並びにすると 

マウント - プラ板 - エポキシパテ - 養生テープ - ヘルメット

とう順番です。

 

養生テープとエポキシパテは接着しないだろう・・・という判断

f:id:masatani1969:20170309110948j:plain

 

結論としては、養生テープにエポキシパテが接着することなく、簡単に剥離することができました。エポキシパテは養生テープのザラついた模様とVFXの頬曲面を忠実に写し取って形成できており、はみ出た部分をカットすればスペーサーの完成です。

 

f:id:masatani1969:20170309110947j:plain

ぎりぎり目立ちにくい位置にマウントベース(いや、目立ってるし)

 

カメラをセットすると

f:id:masatani1969:20170309110945j:plain

f:id:masatani1969:20170309110946j:plain

アクションカムを逆さにしてマウントから吊り下げる方式にすると、撮影方向の自由度が増すことを知ったので、今後はこの方式でいきます~。

GoProも同様の機能はあると思いますが、「上下逆で撮影してますよ」ってモードがあるので、予めオプションでそのように設定しておけば再生は問題なさそうです。

動画編集ソフト側でも調整可能だったはずなので、あまり気にしてません(笑)

動画さえちゃんと撮影できていればOKなのです(´-`*)

 

ツアークロスでやったように、モバイルバッテリー接続で長時間撮影仕様には今のところしていません。VFXのヘルメットフォルムを極力崩したくないのでね(*´ω`*)

 

 

 

ショウエイ(SHOEI) ヘルメットVFX-W HECTIC(ヘクティック) TC-1 RED/BLACK M(57cm) -
 

 

   

「中年男 2017年の1月〜2月はいろいろ忙しかった(その4)」の巻

「その3」からの続き

 

1/7 房総林道
1/8 リンドゥ部Tシャツ制作
1/14 ツアークロス用シールとピンロック装着
1/15 猿ケ島ダート走行
1/21 富士山南西部林道

1/29 ツアークロス用アクションカムマウント更新
2/4 オイル交換
2/12 VFX用アクションカムマウント作成
2/19 MMC猿ケ島ミーティング参加
2/26 モタードホイール入手

 

【オイル交換】

昨年の7月に中古で購入した際に、納車整備でオイルとフィルターを新品にしてもらっています。購入時のオドメーターは7000kmちょっと、現在が10,000kmなので3,000kmは走った計算になります。

 

WRは低中回転域でのトルクで走るタイプのエンジンではなく、高回転域までストレスフルに回して走るタイプのエンジンです。自ずとエンジンオイルの劣化も早いので、早め早めに交換しておいた方が、エンジントラブルが発生する確率も低くなります。

 

納車時に入れてもらったオイル銘柄の確認を忘れていたので、早めに自分で納得したオイルへ交換するつもりでしたが・・・気がついたら10,000kmまで走っちゃってましたよ(´・ω・`)

 

私のバイクライフを支えて貰っている品揃え豊富な「ラフ&ロード川崎店」へオイルを買いに行きました。

4ストエンジンオイル自体にこだわりは無いですが、メーカーはWAKO'S(株式会社和光ケミカル)にしてみました。

昔から品質には定評がありましたからね!このロゴも好きですよ!

f:id:masatani1969:20170307153120j:plain

 

2スト250ccレプリカのNSRMC18)はWAKO'Sの2CTを使ってたかな・・・かなり昔の話しで記憶があいまいですが(*´ω`*)

2ストエンジンの機構上、オイルもガソリンと一緒に燃焼させるのでオイルにこだわっている方が多かったですね!

「部分合成油だからカーボン付きやすいんだよ!」

「鉱物油が一部入ってる方が焼けた匂いがイイんだよ!」

「純正最強じゃね?」

今思えばホントかよ?ってな内容も多々あったような微笑ましい時代です(笑)

 

 

エンジンオイルの交換はやっている方も多いので、詳細な手順の記述はしません!

サービスマニュアルも手元にあるので一応手順を確認しましたが、特に注意することはなさそう。何かネタは無いかとGoogleで調べたところ、ドレンボルトをナメたって話しが・・・

 

( ˘•ω•˘ )ナニ?

 

 

ドレンワッシャーを買うついでに、ドレンボルトを社外品に替えておこう!

右:純正、左:社外

f:id:masatani1969:20170307153152j:plain

お判りいただけるだろうか?

 

純正を外す時にナメちゃった(´-`*)

 

精度が出てる工具で外しにかかったのですが、なにせ作業マンが私ですからブタに真珠とは、正にこのことですわ!

それ以外はネタになりそうな話しもなく、ふつーにオイル交換しました。

 

因みに、3,000km走ったエンジンオイルは真っ黒でした。

やはり私のエンジンの回しっぷりを考えれば、最低でも2,000km目安に交換しておいた方がよさげです。

 

「その5」へ続く

「中年男 『アメーバブログ』から『はてなブログ』に引っ越してみた」

特に理由はない・・・

 

アメブロでも不自由なく記事を書き、スマホからも閲覧できていた。

単に気まぐれである(´-`*)

 

Twitterでフォローさせていただいている「ぼっちバイカー(@botti_bk)」さんがはてなブログを使っていたからかもしれません。

 

アメブロでの掲載は50程度のなので、過去記事の引越し作業もさほど時間はかかりませんでした。今回のブログ引越し手順のお手本とさせていただきました。

georges.hatenablog.jp

 

基本的な記事作成方法はアメブロと変わりませんが、写真掲載やYouTube埋め込みなど、慣れていないために戸惑うところもありますが、プレビュー確認ははてなブログの方がやりやすいかも・・・。

 

引越し作業で機種依存文字が文字化けしているようなので、ぼちぼち過去記事の校正作業を進めます。