読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バイクのある生活 リターンズ

XLR250Rを降りてから20年。40半ばにして、ライダー復活を果たした中年男のブログである。

「中年男 オリジナルグラフィックを制作した」

私がオフロードに興味を持ち始めた頃、HONDAはXLR250R、YAMAHAはDT200R、KawasakiはKDX200SRが主流でした。YAMAHAのカラーリングは、白ベースにストロボグラフィックという印象。

 

DT200R

f:id:masatani1969:20170508123239j:plain

※青ベースにイエローストロボカラーモデルもありました。正立フォークに軽量コンパクトな2スト200ccエンジンというパッケージの完成度が高く、林道から高速走行までマルチに楽しめる1台でした。

 

DT200WR

f:id:masatani1969:20170508123240j:plain

※他メーカーから倒立フォークや250ccエンジンを搭載した打倒DTモデルが出てくる中、YAMAHAの回答はこのWRだった。マス化を更に進めたコンパクトなエンジン周りと競技車両に匹敵する前後の足回りで走破性を引き上げたモデル。デザインは先進的で現在でも十分通じると思っています。

 

私は自身のWR250RをYAMAHAのスプリントオフローダーをオマージュしたデザインにしてみたいと思っていました。なので、中古WRは青ベースが圧倒的に多い中、白ベースを探していました。

  

中古入手したWRは、前オーナーさんの転倒でノーマルグラフィックに多少欠損があり、ノーマルグラフィックを剥がして「3Mスコッチカルフィルム Jシリーズ」をデザインカットして貼っていました。

 

上 1回目、下 2回目

f:id:masatani1969:20170508151722j:plain

 

シュラウドのニーグリップする位置が擦れて捲れやすく、接着力も高圧洗浄で剥がれるほど高くはありませんでした。外装全体に貼った場合には、面で接着するため捲れや剥がれも起きにくくなるので、グラフィックを印刷したシートを貼り付けることにしました。

 

今回のオリジナルグラフィック制作にあたり、「カメシ」さんのブログを参考にさせていただきながら作業を進めました。

 

デザインデータを制作するなんてことは初体験です。「Adobe Illustrator」が一般的に使われているソフトのようですが、入門者がいきなりプロも使用する有料ソフトを使いこなせる訳もないので、無料ソフト Windows 版 | Inkscape を使って地味に操作を勉強しました。

 

本当は型取りからデータを起こしてデザインを載せていく方法で行いたかったのですが、型をデータスキャニングするのが面倒だったので、「カメシ」さんに倣って既存グラフィックから型データを作成しました。

 

型データの上にデザインしたグラフィックとネットから拾ってきたスポンサーロゴを重ねてシュラウド、サイドカウル、テールカウル、フォークガードのデザイン案ができました。

f:id:masatani1969:20170508121731j:plain

ロード選手権ではお馴染みの「movistar YAMAHA」をイメージして、白地に赤のストロボラインを配置。市販されているWR用のグラフィックとはひと味違ったデザインになったかなぁと思っています。

 

スポンサーロゴの大きさや配置を微調整してサイズ合わせのため紙に印刷し、切り抜いて実物のカウルに合わせる作業も行いました。サイズ合わせが目的であれば、白黒印刷でOKです。

f:id:masatani1969:20170508121732j:plain

 デザインがゴチャゴチャしすぎかな?と思っていたので、カラー印刷で実際に貼りつけた時のイメージをするためにあえてカラーにしました。

 

今回デザインで使用したソフト「inkscape」はPDFデータ保存は出来ますが、印刷会社にデータ納品をする際に要求される「Illustrator」標準のデータ拡張子「*.ai」で保存できません。PDFデータを変換してくれるサービスを提供している「プリントスタジオ」さんに印刷をお願いすることにしました。

 

今回は「塩ビシート印刷」でやってみます。シートは「厚さ0.11mm程度のグレーの強粘着のり加工の溶剤インクジェットメディア」となります。湾曲部もドライヤーで伸ばせるので綺麗に貼れるかも?(´-`*)

 

 

<実際の見積りはコチラ>

[商品名]塩ビシート印刷 ラミネート加工有 光沢仕上げ
[サイズ]841 × 1189 (mm)
[納期]7日納期
[数量]1枚
[料金]4,520円
[オプション]
 データ変換サービス (追加料金:1,000円)
----------------------------------------
 ●単品計     5,520 円
----------------------------------------
 ◆送料合計    920 円
 ◆支払手数料   460 円
========================================
 ◆請求金額    6,900 円

 

 

や、安いわぁ~!(*´ω`*)

 

 

自分でデザインすれば印刷代金だけで済みますよ!

 

デザインはA0サイズ(841mm×1189mm)に収まるように配置して印刷する予定でしたが、「プリントスタジオ」さんでは1000mm×1000mmで値段設定が切り替わるようで、配置を工夫すればもう少しお安く印刷できると思います。

 

で、納品された印刷物がコチラ

f:id:masatani1969:20170508121733j:plain

室内スマホ撮影なのでボヤけて見えますが、かなり綺麗です!

残る行程は、カッティングラインに沿ってハサミで切り、外装をパーツクリーナーで綺麗にして貼っていくだけです。

 

湾曲部はドライヤーで簡単に伸ばすことができましたが、伸ばし過ぎてシワが(´・ω・`)

湾曲にフィットさせる立体的な型を平面上で再現するにはスキルが足りませんでした!

 

新たなチャレンジでしたので、経験したことを次に生かせればイイだろう的に出来栄えについては自分自身で納得しています。コスパに優れているので、近々再チャレンジするつもりです!

 

f:id:masatani1969:20170508121734j:plain  

上 WR250R、下 WR250X

f:id:masatani1969:20170508121736j:plain

 

世界に1台だけの愛車って なかなかイイもんですよ!